社会的孤立解消のための事業(休眠預金活用事業)

ホームホスピス宮崎は、休眠預金を活用した「社会的孤立解消のための事業」に取り組んでいます。


(イメージ)

重症児、医ケア児の家族及び本人の社会的孤立解消のために

日本の周産期・新生児医療体制の進歩によって救える命が増えると同時に、医療的ケアを日常的に必要とする子どもが増えています。
しかし、対応できる医療機関や福祉施設は限定され、宮崎県では、宮崎大学付属病院や県立宮崎病院に頼らざるを得ない状況が長く続いています。そのため、医療的ケアが必要な子ども、また重度心身障害を持つ子こどもの家族に日常的なケアの負担が重くのしかかっており、深刻な社会的孤立につながっています。

(事業計画より)
重症心身障がい児及び医療的ケア児(以下、重症児という。)のためのショートステイ施設「たちばな在宅総合支援ハウス」を2021年10月に開設予定で建設を進めているが、ここは、24時間気を抜くことができない子供のケアで心身ともに疲弊し、なおかつ社会的に孤立しがちな家族(以下、当事者という。)のレスパイト施設としての役割が大きい。
本事業は、主にその当事者(特に母親)達の救済とケア及び孤立解消のための社会活動をサポートする取り組みとして、
①コミュニティカフェを活用した様々な専門家による相談カフェの実施
②研修ルームを活用したクラフト教室やヨガ教室などの定期開催
③製作されたクラフト作品などの販売サポート
④全国の先進的な取り組みとの連携
⑤SNSやリモートミーティングシステムを利用した交流やSOSネットワークの構築
⑥福祉避難所としての設備の整備
⑦これらの取り組みを実施、運営するための事務局体制の整備を3年間の計画で実施する。

相談カフェイメージ

ヨガ教室イメージ

クラフト製作イメージ

SOSネットワークイメージ

おすすめスポット

休眠預金活用事業

社会的孤立解消のための事業の実行団体となりました。


JCNE

ホームホスピス宮崎が、非営利組織評価センターの「グッドガバナンス認証」を取得いたしました【宮崎県初!】



「エクセレントNPO大賞〜組織力賞〜」を受賞!
第5回「NPOエクセレント大賞」の部門賞(組織力賞)を受賞しました!


ふらっとカフェ2021

気軽に立ち寄れてなんでも話せるカフェ。
次回は、5月11日(水)13:30〜16:00です。
会場:県立宮崎病院4F会議室


ゆるりサロン

お茶を飲みながらゆったり過ごせる、どなたでもご利用いただける場所です。
開催日:月・水曜日
時間:10時半から15時
利用料:400円
おやつ代:100円
サロンで昼食を食べられる方は各自ご持参ください。※お弁当(350円)の注文もできます。


宮崎聞き書き隊

ホームホスピス宮崎では、聞き書き勉強会を行っています。
参加費無料
会場:暮らしの保健室
次回は、6月12日(日)10:00〜12:00の予定です。オンラインでも参加できます。
オンラインでの参加ご希望の方は、事務局(0985-53-6056)までご連絡ください。


陽だまりカフェ

(宮崎市認知症カフェ運営事業の委託を受けています)
毎月第2・第4土曜日の10時〜12時に、暮らしの保健室で開催します。
参加費無料(要予約)
ご予約、お問合せはお電話で(0985-53-6056 対応:10時〜17時)


セルフお灸教室

ツボの見つけ方、お灸の使い方、お灸をする際の注意事項などを習います。参加費は1回600円。次回開催は未定です。


書籍「暮らしの中で逝く」
ホームホスピス®「かあさんの家」の作り方《2》「暮らしの中で逝く」のご紹介です。

過去のトピックスはこちら→